3月、別れの季節・出会いの季節
f0138828_1511133.jpg
3月22日、雨(強風+時々豪雨)の王子動物園。
これはカピ舎を覆う桜の蕾。いったんスイッチが入れば一気に咲き誇る桜のこと
夜桜通り抜け(4月2~4日)までもつのでしょうか?

……さて、

f0138828_18283794.jpg
耳たぶの血管から採血中のズゼ(オウジくんのお母さん)。週一のルーティン検査です。

ゾウ舎の前にいたカワセが、ある飼育員さんから声をかけられました。
その飼育員さんの言うことには

(前振りなしに)「明日ペーちゃんが行っちゃうよー」

「……はい?」

突然過ぎて、いったい誰の、なにのことかわからないカワセ。

去年の6月に、ちび(ハク)ちみ(シャー)に攻撃されてしまい、
隔離された子を覚えておられますでしょうか?
参考エントリ「攻撃対象」(2008年6月20日記)
f0138828_18373181.jpg

長いこと園内某所にて非公開であったのですが、
このたび他園に移籍が決定したそうです。
移動日は(この話を聞いた翌日の)3月23日。

つまりそれが「ペーちゃんが行っちゃう」ということだったのです。

よそへ行ってしまうのは寂しいのですが、ここにいても家族とは相容れる事も出来ず
このままバックヤードで暮らすよりは、新しい場所で新しい群れ(家族)を作る方が
いいのだろうなと思います。
f0138828_18352552.jpg

ところで、ここまでで気になる点がひとつ。
カピバラの名前が「ペー」であるというところ。

ペーというのは…3つ子で生まれたシャー(ちみ)のきょうだいの名前です。
隔離されていた子は、ハク(ちび)のきょうだい「ハツ」だとずっと思っていたのですが、
実は、「ちみ」だったのですね。

前掲のエントリでは、「ちび」「ちみ」オス2頭がメスの「ちび」をいじめていた…という風になっていますが、
後の性別チェックで「ちび」メス「ちみ」オスと判明し個体情報が掲示されました。
そして、今回移動が決まった「ペー」も、実はオスだったそうなのです。

ぐはーーー。まただー、また性別がーーーーーー(絶叫

…ま、まあ、色々混乱もありましたが、今回で確定ということで。

しかしオスであればなおさら、群れに居続けることは難しいので、やはり、
適切な移動(お婿入り)先が決まったということは喜ばしい出来事と言えるでしょう。

f0138828_15205593.jpg
ということで王子動物園のカピバラは3頭に。手前からハク(ちび)、チュン(母)、シャー(ちみ)。
力関係は、母>ちび>>越えられない壁>>ちみ。

f0138828_1521359.jpg
 「そんなことないよー。ホラー、きりりとしてるやんボク!」      そうですか。

まあ、そういったわけで、いろんな謎が解けた日でした。
書く内容が濃かったので、アップまで少々時間を取りました。

ところで謎と言えば…最初に出てきた王子の飼育員さん、
実はこの方とは、カピ舎ではお話したこともお会いしたこともないのです。
なぜカワセやトバリがカピバラなヒトだと知っていたのが…

それが今回の聞いてみたいようなみたくないような、新たなる謎です。
[PR]
by capybaraengine | 2009-03-26 21:29 | 神戸カピバラ(王子動物園)
<< 王子出身カピ、東へ ボーンズ >>
解析
IT GEAR