サクラノキニサクラノハナサク
f0138828_16521980.jpg
                           withちみ。

f0138828_1654446.jpg
とは言っても、今年は寒さが長引いたせいで開花予想を大きくズラし、絶好のお花見日和…になるハズだった4月5日も、まあまあ程度の咲き具合でした。
(さきほどニュースでやっていましたが、神戸での、開花から満開までの期間が
史上最長を記録したそうです。)
f0138828_165429100.jpg
入り口入ってすぐの「基準木」はつぼみがまだ目立つぐらいの開き。
f0138828_16544818.jpg
しかしところどころに満開になった樹もあって、そこだけは部分的に人だかり、
カメラマンも列をなす盛況ぶり。
実はそういった樹の一つが、カピバラアリクイ舎の横(バックヤード入り口前)に立っています。
屋根にふかっとばかりにかぶさっているのがそれ。

f0138828_16551461.jpg
アリクイさん側から。
グァポさん(オス)が桜の下、パトロール中。
見慣れたから不思議でもないけれど、たぶん変な光景。

桜が咲いて園内が華やかになったということより、
柔らかく幸せな日差しが戻ってきたことの方が、カピたちにとっては
素敵な出来事なんだろうなと思います。

f0138828_17131335.jpg

[PR]
by capybaraengine | 2009-04-06 18:51 | 神戸カピバラ(王子動物園)
<< 春色のバスに乗って 淀川カピバラ調査隊 (2010... >>
解析
IT GEAR