スカルズ
f0138828_1945785.jpg
大阪市立自然史博物館で開催中(09年8月30日まで)の特別展「それいけ!ホネホネ探検隊」にカピバラの頭骨が展示されています。
f0138828_19453199.jpg
囓歯目コーナー。手前左がカピバラ、正面にいるのがパカ、右はマーラ。
右奥に3つ並んだ中ぐらいの頭蓋骨はヤマアラシ3種。
f0138828_1950202.jpg
カピバラの頭蓋骨自体は王子動物園の特別展「ホネ・骨・ホネ大集合!」(09年8月31日まで)でもバラオさんを見ることが出来ますが、大阪の展示では下顎骨をはずしてあるのがいいところ。臼歯の様子をじっくり見ることが出来ます。
f0138828_20134727.jpg
頭骨に書き込まれている文字は「カピバラ ♂ 2001.2.15」。
タグの数字を読むと、Weight 26kg、HB(頭胴長)88.0と記入があります。
体重26kg、体長88.0cmと、そんなに大きいサイズの個体ではないようです。
若いか、もしくは年長で体の小さくなったカピバラなのでしょうか。
f0138828_19525410.jpg
ところで我々、この「ホネホネ探検隊」には3回ほど出かけました。
展示自体が非常に面白いというのもあり、特別展でありながら常設展のような空き具合でゆっくり見るコトが出来たり、また写真撮影オッケーというのもあったり。また、遠藤 秀紀さんやドイツの博物館でプロの標本士として働く方の講演会などイベントがあったり。
f0138828_2013334.jpg

まあ、実は26日までは自然史博物館入場料・特別展ともに無料というのが、だいぶ背中を押してくれているのですが。
[PR]
by capybaraengine | 2009-08-25 23:58
<< チュンさん7歳になる 大阪まちなかかっぴぃさん、1年ぶり >>
解析
IT GEAR