パウダー




鏡よ鏡、世界でいちばん美しいカピバラは誰?






皆様は「白いカピバラ」というあまり耳慣れない言葉からどういう物を思い浮かべますでしょうか?
とりあえずコチラ↓が出てくる方は多いですよね。

f0138828_1052818.jpg
                                  (c)TRYWORKS/TOWER RECORDS

オトナのカピバラは年をとるにつれて濃い茶色から白っぽい毛へと変わっていきます。
というか色が薄くなるだけで白くなるわけではないですよね。

しかしなんと、リアルに白いカピバラ、つまりアルビノのカピバラが
昨年のクリスマスに誕生したというニュースがありました!


M'Bopicuaでアルビノのカピバラ生まれる Albino "Carpincho" at M'Bopicua
                           (Zoo Borns 2010年1月25日)

ウルグアイにありますM'Bopicua Breeding Stationで
クリスマスに生まれた双子のカピバラのうち、
一頭のメスがアルビノだった、とのこと。

真っ白な毛、赤い目、赤い耳。
カピバラ歴長いワタクシトバリですが、正直初めて見ました!
特に驚いたのはカピバラのあの真っ黒な地肌が、ピンク色の、
いかにもアルビノな囓歯目になっているという点です。
なんというか、ハツカネズミ!?


このまっ白なおちびちゃんは"Snow White"、つまり「白雪姫」と名付けられたそうです。


アルビノなのでやはり成長が心配ではありますが、どうかどうか元気に育って行って欲しいものです。そしていつかは立派なアマゾン大帝に……女の子だっつうに。白雪姫ですから成長してどんどん美しくなり、そしてリンゴをどしどし食っていただきたい。でも、喉には詰まらせないように。
あと、いっしょにうまれたきょうだいもなかなかの美人さんですな。なにげに。


Breeding Station は繁殖基地…とでも訳しますか、
意訳ならば保護繁殖センターでしょうか。
保護区内の在来種を守り、繁殖・定着(repopulate)させる為の施設。
地元の学校の子供たちへの環境保護教育も行っている……とあります。
"M'Bopicua"は発音がわからないのでこのままで。


■関連。
アルビノのインドタテガミヤマアラシが高知市の「わんぱーくこうちアニマルランド」にいます。本来ならば黒白だんだらの針(毛が変化した物)まで真っ白で、とても美しい姿をしています。
でもお顔はむふふんヤマアラシ(笑)。

■関連その2。白いヌートリア。(1月27日追加)


f0138828_1053694.jpg
撮影に使ったホワイトさんマスコット、マグネットパワーでこんな感じに飾れます。蛹っぽい。


■あと、今回ネタ元に使用した"ZooBorns"、毎日更新で世界の動物園から赤ちゃん情報を届けるという、殺傷能力のきわめて高いサイトであります。昨日の更新でディクディクのこども、その少し前にArabian Sand Cat という萌え死に動物が届けられたと思ったら さらにこの更新ですよ……!

左のカテゴリからお好みの動物も選べます。カピバラももちろんあります。ちなみにウチ的死亡率が高いのはこちらの動物カテゴリです…!
[PR]
by capybaraengine | 2010-01-26 12:20 | 情報など
<< ノビをするカピバラ 週刊・なかよし母娘 >>
解析
IT GEAR