How (not) to be reading capybara
f0138828_19582316.jpg
ハリーといっしょに写っているのは、キャプリンさんのご主人でありますMelanie Typaldosさん著の"The Adventures of Celeste the Cat: Celeste and the Giant Hamster"です。
昨年発行されたペーパーバックで、本文全9章・141ページ。
タイトルの通り、主人公は猫のCeleste(セレスティ?セレステ?セレスト?)。

Amazon.co.jp
Amazon.com

f0138828_19583463.jpg
物語は…裏表紙にある概要をモノスゴク意訳してみますと…(ネタバレ注意)

猫のセレスティは、ドワーフ・ハムスター、それもあろうことか"セレスティーナ"と名付けられた…を、彼女のペットにしようというご主人様に悩まされていました。彼女はふたりの友達、勇敢だけど向こう見ずなタイガーと、物事に夢中になりすぎる性格のルビーの助けを借り、逃げ出して近所の野原に潜んでいる巨大ハムスターを捕まえようとします。彼女はセレスティーナのケージの前で巨大ハムスターを見せ、囓歯目はペットではなくて獲物だと言うことをご主人様にわからせようと考えたのです。

巨大ハムスター、すなわちカピバラ、世界最大の囓歯目に挑むたび痛い目に遭い、猫たちは、カピバラが考えていた以上に大きく、強く、賢い敵であることを知りますが、彼女たちはくじけません。そして少しづつ、カピバラが、彼女たちが考えていたような恐ろしい怪物ではないことを理解するようになります。

そして8頭の赤カピバラが誕生したとき、セレスティ、ルビーそしてタイガーは自分たちも予想していなかった行動に出ます。水に飛び込み、そして、野良猫ギャングたちから赤ん坊を守ろうとするのです。
(だいぶ意訳)


f0138828_0523139.jpg

基本的に子供向けの本で、文体も平易なのでワタクシ程度の英語力でもけっこー理解出来ます。まださらっと流し読みしただけなんですけれど、メラニーさん、お話作るのが上手い。そして各章に必ず一カ所以上アクション・サスペンス・ドタバタなシーンが入り、猫の動作は細かく描写され、ところどころにカピバラの生態についての情報が盛り込まれ、読んでいるうちにキャラクターの猫たちといっしょにカピバラについて学ぶことが出来るという非常に上手い作りとなっております。

ラストシーンでは有名なTVシリーズのオープニング・ナレーションをもじって冒険は続く…という風になっていて、続ける気満々な感じ。しかし、続きでは巨大ハムスターは出てこないのではないかと思ったり。まあ、その辺はどうにでも出来るでしょうけれど。

ところでなぜこの本とハリーがいっしょに写っているかと申しますと
キャプリンさんのブログcapybara Madness(gianthamster.com) にあります、あるエントリのためなのです。
f0138828_19584343.jpg
Reading Rodent
…つまりこのCeleste and the Giant Hamsterを読んでいる姿、それも人間ではなく動物(囓歯目ならなおよい)の写真を集めているわけで、どうせならここに参加したい、そういうことでハリーくんとツーショットを撮ってみたのですが、なんか少しインパクトが弱い。ハリー君も”reading”な姿にはとても見えない。オヤツでおびき寄せた上の写真もかわいいんですけど、これを読んでると言い張るには少し無理があるように思われます。

そこでガーデンフィールズの他の動物さんに「読んで」いただくことに。
f0138828_19585361.jpg
わんこコーナーにいるでっかくてふわふわのサモエド、スノーくんにご協力を仰ぐことにしました。休憩中のところ、そっと足の下に本を差し入れてみます。
f0138828_1959412.jpg
                      「ん、なんだこれ?」
f0138828_19591480.jpg
                「わ~~い」ガッシガッシガッシガッシ
f0138828_19592285.jpg
えーと、失敗…ですよね。本にもひっかき傷が出来てしまいました。何がいけなかったのでしょう。作中で犬が敵役として出演しているのがお気に召さなかったのでしょうか。

※ウィンナー・ドッグ=ダックスフントにセレスティたちが追われて危機一髪なシーンがあります。
ウィンナー(日本語のウインナーといっしょでソーセージ)・ドッグ・レースはキャプリンさんが暮らすテキサス州ビューダの名物でもあります。 
参考: Buda Texas Wiener Dog Races(YouTube)
f0138828_19593372.jpg
そういうことで、素直に、給餌体験タイムで飼育員さんの目を盗んで(笑)ハリーにモデルを頼みます。その成果が次の2枚。結果として、けっこううまくいったんじゃないかと。というか最初からそうしろよと。

f0138828_19594332.jpg
「つまりね、この本では猫たちはカピバラをモンスターだと思って罠にかけようとするのさ」
『まったく、猫ってやつは!連中は何もわかっちゃいないんだ』

f0138828_19595233.jpg
「でもハリー、最後には彼女たち、カピバラは素晴らしい生きものだと言うことに気づくんだよ」
『ホントに?実はぼくも常々猫には敬意を払うべきだと思っていたのさ!』

                                        (谷川俊太郎訳風文体)




f0138828_23525132.jpg
            しおりとして使っている半券。オマエは外国人観光客か。
[PR]
by capybaraengine | 2010-06-19 17:22 | 兵庫カピバラ(姫セン他)
<< ハリー・ロン寝姿写真集 There's No ... >>
解析
IT GEAR