さようならウミさん
f0138828_21521778.jpg
        こんな写真ですみません。しかしけっこう好きなショットなのです。


 ■国内最高齢のカピバラ「ウミ」が亡くなりました


大宮公園小動物園では、平成23年11月21日(月)に国内最高齢と見られるカピバラのオス「ウミ」が老衰により14歳1か月で死亡したことを確認しました。

 「ウミ」は平成9年10月14日名古屋市立東山動物園で生まれ、平成12年7月3日にメスの「ウチ」と共に埼玉県こども動物自然公園に来園。大変仲の良い夫婦で、47頭の子どもを作り、こども動物自然公園のカピバラファミリーの礎を築きました。老後を静かな環境で過ごすため、平成21年11月16日に夫婦で大宮公園小動物園に来園しましたが、昨年の10月には、当時の長寿記録を更新していたメスの「ウチ」に先立たれました。しばらく寂しそうでしたが元気を取り戻し、寝小屋から自分で放牧場に出てくるなど、食欲もあっただけに残念です。

 市民ばかりでなく、全国のカピバラファンに名前を知られた個体の大往生でした。

 
               [ 2011年11月22日 埼玉県県政ニュース]


f0138828_21522787.jpg
              ウミさんとウチさん。2010年10月 大宮公園小動物園
[PR]
by capybaraengine | 2011-11-22 21:57 | 千葉カピバラ
<< はじめておじゃまします 海遊館カピバラの体重測定 >>
解析
IT GEAR