福岡~長崎カピバラの旅1-01 うみなか篇その1
f0138828_18365384.jpg
9月に九州に行った話を今回より始めるのですが、遅いアップだからといって端折るわけでもなく、あいかわらずのペースの構成で進めていく予定なわけですが、そんなことをしていたら、このあとトリアス・長崎バイオと待っているのに年内に終わらせることができるのかという心配は、ここまで時期がズレたのだからそんなことを気にしたところでようは一緒ではないかという気もするわけなのです。
f0138828_18521869.jpg
早朝の博多に到着してからバスで移動し9時半に海の中道マリンワールドに入館、母子ラッコやメガマウス、ダイオウグソクムシやシャコなどを満喫した後、そこより徒歩で海浜公園へ移動、入り口からレンタサイクルで「どうぶつ公園」に到着しました。
f0138828_1844587.jpg
どうぶつ公園に近づくとカピバラのイラストがガイドをしてくれます。近づくにつれイラストも徐々に変化するという芸の細かさにいきなりテンションも上昇。(反対方向から来ると、フラミンゴが案内してくれます。)
f0138828_22144717.jpg
どうぶつ公園入口、懐かしやトーテムポール。
f0138828_18552379.jpg
入園するといろんな絵柄の動物イラストが注意・案内看板などに使われていて、その中にはほぼ必ずカピバラが入っているため、どこにいるのか探したり写真を撮るのになかなか忙しく本物になかなかたどり着けません。
f0138828_18581352.jpg
カピバラ・マーラ展示場入り口に(ようやく)到着!

f0138828_1922680.jpg

f0138828_1924368.jpg
f0138828_1935087.jpg
大きな池がある、予想以上に広い展示場にカピバラやマーラがのんびりとくつろいでいます。展示場の真ん中を分けるようにロープで区切られた通路があって、飼育員さん以外の人間が入れるのはそこだけです。
f0138828_21514811.jpg
f0138828_21513239.jpg
f0138828_21511950.jpg
同じ齧歯目として干渉すること無くゆったリと時間を過ごしています。
f0138828_21534449.jpg
もっともあまりに気を使わないので…
f0138828_21535859.jpg
前にマーラがくつろいでいても構わず歩いたりして、俊敏なマーラが飛び起き…
f0138828_2155259.jpg
結果として蹴散らすようなことになることもありますが。
f0138828_21561382.jpg
カピバラは個体情報がしっかり掲示されています。生年月日と見分け方。基本的にオスは右耳、メスは左耳にカラータグがついていて色で見分けることができるようです。
f0138828_2158575.jpg
f0138828_21594734.jpg
ちなみにマーラにも丸い耳タグがついていて、そちらは色は同じなのですが番号が記載されています。
f0138828_2223280.jpg
右耳に青のタグ、潮風くんと思われます。
f0138828_2242042.jpg
こちらは左耳に白、日和さんのようです。
f0138828_22181557.jpg
タグ無しのメスは二頭いるのですがこちらは毛並みの感じから2003年生まれの天さんでしょうか。
f0138828_2219313.jpg
あれ、なんか若いハクがいる!?と思ってしまう左耳赤タグのタエちゃん。(2011年生)
f0138828_22243070.jpg
正面だとますますハクっぽいかも…(鼻の▼がくっきりしていないのが残念!)
f0138828_22263643.jpg
総数12頭、うち2頭がケージ内に入れられていたので屋外にいるのは10頭。これだけのカピバラがすぐそばにいるのはなかなか壮観であります。前述のようにカピ・マーラの場所と人間の通路は紐一本で区切られておりますが、つまりその紐を超えてきたカピバラはおさわりおっけーぼわぼわし放題なわけでして、次回はそのへんを。
[PR]
by capybaraengine | 2012-12-10 22:38 | 福岡カピバラ
<< マーヤとクウおめでとう 12月お誕生会 >>
解析
IT GEAR