藁の家は狼に吹き飛ばされるというようなそんな話
f0138828_18105061.jpg
12月16日のチュンさん。もうすぐごはんタイムでウロウロ歩き回っていました。
f0138828_1813322.jpg
チュンさんとオオアリクイのグァポさんはひとつの展示場を仕切って住んでいるわけなのですが、いつの間にかその仕切りに変化が。
f0138828_18155174.jpg
プールのあるあたりには黒い完全に見えないようなボード、その他の部分はすだれでカバーされています。
f0138828_181755.jpg
以前は(チュンさんとハクがアリクイ展示場に越してきた時は)金属製の目の細かい網だったのですが、この変化は一体。

チュンさんとグァポさんの関係は非常に平和で、お互いになんか見たことのない変なのが隣にいるけれど敵意や恐怖は感じていないといった風でした。


初期のチュンさん・ハクとグァポさん。ハクはそうでもないのですが、チュンさんはグァポさんに興味津々。
f0138828_1824264.jpg
ハクがカピバラ展示場に戻り、チュンさんはひとりで暮らし始めましたが、それでしょんぼりするかと思いきやおとなりへの好奇心の効果なのか妙にいきいきとした感じになったチュンさんです。

しかしグァポさんも同様に興味を持っているのか柵越しに長い舌を突き出し、ついにはチュンさんの耳を舐めたりしたのが目撃されたそうで、うっかりチュンさんがその鋭い歯でグァポさんの大事な舌を傷つける恐れが出るのではないかということで今回の処置となったようです。

f0138828_18263945.jpg
うーん。向こうが見えないわね…。
f0138828_18271634.jpg
ばさっ…めきっ…(わー)
f0138828_18274113.jpg
めきょめきょ、ばりばり、もぐもぐ(わー!チュンさん!だめですよー!)

f0138828_18284538.jpg
翌週23日に覗いてみたら、藁部分も硬い板に覆われていました。うん、すだれはカピバラには無茶でしょうやっぱり…(笑)


さていっぽうハクとなると君ですが…

f0138828_18334245.jpg
以前は控えめだったモリージョが随分と目立つようになって来ました。メスと同居というのがいい効果を出しているのか単に年齢的に成長する時期なのか。
f0138828_18343815.jpg
モリージョコシコシの他にも排泄口付近の分泌液をつける行為が見られました。
f0138828_1835509.jpg
なると君がつけた部分に今度はハクがコシコシ。
f0138828_18364628.jpg
またいだ部分の下は分泌液が垂れて変色しています。しょっちゅうここをまたいでいるようです。
f0138828_18384786.jpg
寒い時期なため屋外より屋内に引っ込んでいることが多いふたりです。実はポカポカライトがついているのは屋外なのですが、この場所、まだ点いていないストーブ前に陣取っています。「ココに来れば温かいはず…なんだけどおかしいなあ」という感じはチュンさんもやってましたね。
f0138828_1841353.jpg
ようやく屋内もあたたかくなりお食事タイム。ハクが草独占状態ですが、なると君は特に文句も言わず根菜の方に取り掛かっています。
ほんとに随分仲良くなりました。
ここまで同居が成功するとは思っていなかった…というか、変に期待してダメだった場合、すごくがっかりしてしまうので抑えていた部分もあるのですが、ほんとうに良かったです。
[PR]
by capybaraengine | 2012-12-25 20:21 | 神戸カピバラ(王子動物園)
<< 福岡~長崎カピバラの旅1-うみ... 福岡~長崎カピバラの旅1-うみ... >>
解析
IT GEAR