京都カピバラはじまる
連休突入の4月27日(土曜日)、いよいよ京都市動物園にてカピバラの展示が始まります。

「京都市動物園構想」に基づいた長期に渡るリニューアルのひとつとして「ふれいあ広場”おとぎの国”」「ネコワールド」「アフリカの草原(4月6日オープン)」に次いで稼働する展示施設「ひかり・みず・みどりの熱帯動物館」にて公開です。

4月はこの熱帯動物館とアフリカの草原が相次いでオープンするため駅に貼られていた(京都市動物園最寄りの蹴上駅)京都市民ニュースにも大きく取り上げられています。

f0138828_2182359.jpg
そして右下、カピバラの写真。大人でこれはまた随分美人なカピバラですね。こちらが京都カピバラなのでしょうか…
f0138828_2118435.jpg

……と思ったらチュンさんやったー!どうりで美人なはずやでー!!!




……えーと、すいません、知ってました。展示する個体の写真が間に合わなかったのか「提供:神戸市立王子動物園」の写真が使われていまして、チラシなどこういう広報用の写真にチュンさんやハクがすました顔で写ってて、なんともオモシロイことになっているのです。残念ながら入手し損ねたのですが、3月末まで入場者に配布していた記念絵葉書も、他の京都市動物園の人気者と並んでハクの写真がちゃっかり載っていました。
あ、ナマケモノの写真も王子の子みたいです。(事情によりナマケモノの展示会開始は遅れる模様。)

「ひかり・みず・みどりの熱帯動物館」オープン

平成25年4月27日(土)正午(式典終了後)オープン。
記念イベントとして午後1時30分から,「ひかり・みず・みどりの熱帯動物館」において「飼育員のお話」を実施。

 
ところでオープンする1週間前、ちらっと熱帯動物館、覗いて来ました。

f0138828_21245092.jpg
まあ、覗くとは言っても21日土曜日の時点でこういう状態でして、ようは囲いの隙間から外観を覗き見てきたとそういうわけなんですけれど。
f0138828_2127785.jpg
ちなみにこの時点で中でまだ工事をする音が聞こえておりました。大掛かりな部分はもう出来上がっているので細かい部分であると思いますが。
f0138828_21281244.jpg
正面入口のようです。あ、ちなみにこの覗きは無理矢理レンズを押し込んだりとか隙間を広げたりとかとかいうようなことはせず、普通に見ることの出来る範囲で撮影しています。
f0138828_21373538.jpg
どういう風になるのかは実際に見るまでの楽しみにとっておきたいですが、さきほどのリンク先で館内平面図を見ることが出来ます。カピバラの展示場所は入ってすぐ、館の中央部「ひかりのエリア」です。
f0138828_21395054.jpg
屋内展示ですが、名称からして採光についてはしっかりしてるんじゃないかと期待しております。
f0138828_21405115.jpg
ところでリニューアル工事中の京都市動物園、食堂がありません。どういうわけか新しい食堂を作る前に旧食堂を閉めてしまい、飲食はジュースの自販機か売店で売っているおにぎりなどしかありません。ご注意を。
また、売店もいくつかあったのが閉まり、アフリカの草原前にある仮設テントの店舗のみ。その売店、21日の時点でカピバラのぬいぐるみとデフォルメストラップがすでに販売されていました。
f0138828_21562427.jpg
ところで京都市動物園、各所に手作りのアイディアとギミックあふれる解説看板があって、楽しみつつ動物について知識を得るような素晴らしい仕掛けが満載なのですが、カピバラの展示には一体どういうものがどういう見せ方で出てくるのか非常に楽しみです。また、飼育員さんによる名物イラスト(園内各所、また蹴上駅にも展示)でどう描かれるかも期待しているのです。
f0138828_21443614.jpg

[PR]
by capybaraengine | 2013-04-25 22:04 | 京都カピバラ
<< 京都カピバラ始まりました。 4月上旬の神戸カピバラ:ハク・... >>
解析
IT GEAR