グーのすむところ
f0138828_22371642.jpg
グーが展示されている場所は「ジャングルミュージアム」外観がそうでもないので入ると驚く巨大な温室型屋内展示場です。
f0138828_2242791.jpg
カピバラ展示場とその周り絵を引きで見てみます。展示場は通路から見下ろす方式になっています。この写真では3つの展示場が見えてて、擬岩の塀によって仕切られている右隣りにはメガネカイマンやレドテールキャットなどアマゾンのいきものが暮らしています。右奥に見える明るい部分はウンピョウ展示場です。
f0138828_22462138.jpg
おとなりのメガネカイマンとレッドテールキャット。赤い矢印で示したとこはグーのいるところ。
f0138828_2247795.jpg
この展示施設、非常に天井が高く、巨大な擬木や本物の熱帯植物が茂り、ジャングルを表現。
f0138828_2249341.jpg
また一日二回のスコールタイムがさらにジャングル感を高めます。(なんか仕上がりが白っぽい写真が出来たりもしますが…)
f0138828_22541517.jpg
ジャングルミュージアムで特にすごいと思ったのはこのウンピョウ展示で、しっかり高低差が作られた展示場内をウンピョウが自在に動き回るさまが観察出来ました。この写真のウンピョウが登っている擬木、写ってるのは上半分だけです。つまりこの見えている部分の2倍の高さに登っているということです。

ちなみにジャングルミュージアムは湿度も温度も高めで長時間いると疲れるのですが、このウンピョウ前の観覧通路はエアコンが効いていて、しかもベンチがあるので休憩場所としても重宝しました。

f0138828_22581728.jpg
カピバラの方に戻ります。手作りの読んで楽しい説明&個体表示看板。
ココに書かれているように市原ぞうの国より嫁候補チョキちゃん(市原でのお名前は「むっちゃん」)もいるのですが、この日は交代展示なしで終日グーでした。
f0138828_2345295.jpg
この掲示を見ていたお客さんが「オスがグーでメスがチョキ、女の子供が生まれたら”アイコ”にしたらええなー」って言ってて妙に関心。うまいな。
f0138828_2354836.jpg
ここの展示場だけ紹介しましたが、のいちは全体的に展示方式に工夫があって動物だけでなくそういうところも楽しんで感心しながら見て回りました。


おまけ


f0138828_2365540.jpg
洗面台にグー(※女子トイレ)

[PR]
by capybaraengine | 2013-05-23 23:12 | 高知カピバラ
<< 6月梅雨の誕生日 ペエーとその子グー >>
解析
IT GEAR