謎の同居人
カピバラは、動物園では、単独でなくほかの生き物と同居にされがちです。
上野動物園ではリャマ(ラマ)とアメリカバク。
長崎バイオパークでは「基本的に」フサオマキザルとカナダガン。
f0138828_18542582.jpg
(2003年7月10日撮影・長崎バイオパーク)
リャマやマーラと同居つか居候というか共演してる場合もありますが)

神戸王子動物園ではずっとカピ単独だったのですが
去年か一昨年ぐらいからシチメンチョウがケージにいるようになりました。
f0138828_1905819.jpg
あの気が短くて恐い鳥の代表のようなシチメンチョウと
気が長くて癒される動物の代表のカピが同じ場所に!?と思ったのですが

f0138828_1858594.jpgなぜ? シチメンチョウとカピバラが同居しているのか不思議に思ったでしょう。実は、カピバラは大変神経質です。普段は、ぼーとしてるのに、ひとたび、機嫌が悪くなると、仲間同士で大喧嘩!ちょつとした、行動や反応にも気になるようで…ただ、年中機嫌が悪くピリピリしているわけではないのですが、いつ、機嫌が悪くなるかもわからず飼育員泣かせでした。そこで、気性の荒いと言われる、シチメンチョウの出番です。シチメンチョウが気になる為、カピバラ同士の諍いが、減るのではと期待し同居願いました。
でも
いたってカピバラとシチメンチョウは仲良し、結局心が和んだのでしょう、争いは減りました。
結果、オーライということで。      (原文ママ)


意外な真相。
てっきり、手に負えないシチメンチョウが、カピの癒しパワーでもって
すっかり温厚になっているのかと思っておりましたよ。
f0138828_19131072.jpg
結果オーライの図。

f0138828_19194267.jpg
シチメンチョウのえさ箱をあさるカピと、何か言いたげなシチメンチョウの図。

(撮影2007年3月24日)
[PR]
by capybaraengine | 2007-03-27 18:54 | 神戸カピバラ(王子動物園)
<< 春のムズムズ もすもす食べる >>
解析
IT GEAR