07年6月28日の神戸カピバラ一家
カピ舎の改造、休園日の水曜日になにか作業したのではないかと
木曜日の今日、覗きに行ってきました。が、気になる金網の部分は変化無し。
f0138828_2250094.jpg
わーいあたらしいとちだー

カピ兄もあいかわらずです。
f0138828_2250387.jpg

しかし別に気になることが。
f0138828_22512481.jpg
こうやって引いて撮ると必ず写るあのヒトがいません。
そう、シチメンチョウさんです。
f0138828_2252414.jpg
カピバラたちの争いから気をそらさせるために、同居トリとなっていたシチメンチョウさん。
最近はすっかりなじんでしまったのがもしかしたら。

というわけで園内を探して見たんですが
いるはずないよと言いながらふれあい広場にも行ったんですが
やっぱりいなかったりで

そしてシチメンチョウ、いました。つがいで。
ゲート正面にあるクジャクやカモのいる池です。
f0138828_22551495.jpg
いや、でもこれがあのシチメンチョウさんとは限らないよなー。

…あ。
f0138828_22561440.jpg
あのシチメンチョウさんでした。
f0138828_22584241.jpg
まあたらしい表示もついて、完全にコチラに移動になったようです。

少し寂しいですが、シチメンチョウさん的には,
羽をかじったりむしったりチョロチョロ足下を走る小さい生き物に悩まされることなく
静かに暮らせる普通な生活に戻ったということで。
f0138828_23102330.jpg

カピバラ舎では、ゴハン時以外は
組み上げた木の下で一日引きこもっていたシチメンチョウ奥さんも
ここでは活発に歩き回っています。

f0138828_2313326.jpg
06年4月のシチメンチョウさん。
このときにはまだこんな見事な羽があったのですが、
兄姉カピが生まれカッピーが生まれちびが生まれちみが生まれ…

1年経てば羽も復活するでしょうか。
[PR]
by capybaraengine | 2007-06-28 23:10 | 神戸カピバラ(王子動物園)
<< うごかぬしょうこ かしこいちみのカピバラ >>
解析
IT GEAR