カピバラにヤラレル
♪右から~右から~カピバラ来てる~~
f0138828_916235.jpg


        ♪左から~左から~もカピバラやって来た~~
f0138828_9195067.jpg


     ヤラレター
f0138828_9222632.jpg


めちゃめちゃカワイーーと喜ぶ馬鹿者からの視点。
f0138828_9224452.jpg

しかし、このコたちは泥の川を渡ってきてくれたわけで…
f0138828_9453183.jpg
当然、ズボンにはこのようにくっきりとモミジのような手形が。(左下が指先)


左からやって来たほうのコは、少し小さい大人のカピバラ(メス)。
大人の中で唯一、積極的にカリカリくれーと鼻息も荒く突進してくるコでした。

しかしこちらも順番順番と、まず積極バリバリのオス(長崎兄カピ)にあげておいて、
食べてるスキに長崎兄カピの前に立ちふさがるようにして他のカピたちにもあげる…
そこに食べ終わった長崎兄カピ襲来…はじめにもどる…の繰り返しをしていたのですが
どうもそれがじれったかったようで、ついに

                          「!」
f0138828_9473648.jpg

「いててててってててて!」

………噛まれました。ガフガフとあちこち。
手の甲に腕にパンツも数カ所。

手の甲。出血してしまったので水道で洗った。
f0138828_9503217.jpg

腕。こっちは血豆が出来た程度。
f0138828_9525693.jpg
パンツ(綿ツイル)の歯形。
f0138828_955166.jpg

変な色なのはわかりやすいようにカラー調整したせいですんで、ねんのため。

けっこーというかかなり痛いぞ。

そういえば、父カピ(神戸)が他のメスに噛まれて
ビクッ!となっていたのを何度も目撃したことがあるけれど
あれが身にしみてよくわかりました。大変だ父カピ。
具体的にはちいさいヤットコではさまれる感じ。(はさまれたことはない)
つまり「粗忽の使者」もこんな感じか、なるほど。

…いやそういうところに感心している場合ではなくて。
動物に噛まれるようなコトがあった場合、悪いのはたいがい人間の方。
なぜ噛んだのかの考察は少し長くなるので別エントリーにて。

ちなみに…
「いやーーカピにズボン汚されたよーそんで囓られたよー痛いなー」と話す
トバリの表情はめちゃめちゃ嬉しそうだった(少し自慢げだった)そうです。



カワセもやられました(噛まれてはいない)。
f0138828_959233.jpg
こちらもお見せできないのが残念なぐらい、めちゃめちゃ嬉しそうです。
f0138828_9593971.jpg

[PR]
by capybaraengine | 2007-07-20 09:16 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
<< カピバラにヤラレル・補遺 考察編 07年7月19日の神戸カピバラ一家 >>
解析
IT GEAR