王子動物園カピ舎のひみつ
秘密って言うほどのことではないのですけれど…

このブログの写真だけだと王子のカピ舎がこのように↓
金網に囲まれていると言うことがわからなかったという内容のコメントを
以前してくださった方がいまして。
f0138828_19405566.jpg

敢えて今回は金網込みの写真を。

f0138828_19414859.jpg
王子は「最近の」動物園ではないので、パンダやゾウ、ネコ科猛獣など一部の動物を除くと
まだまだ金網や檻で仕切られている場所は多いです。
f0138828_19421163.jpg
まあ、こういった金網の場合、動物を人間から守るという意味合いもあるわけで
未だに動物にさわろうとしたり、柵や金網、ガラス窓をガンガン叩いたり(これは本当に多い)
エサをやろうとしたりする人間がいるわけです。
f0138828_19422116.jpg
カピ舎の場合、多少見づらいけれど、守られている分安心して近くに寄ってくるので
カピとの距離は近いし、鳴き声もよく聞こえます。
神戸のカピって本当によく鳴いているんですよ。
f0138828_19424797.jpg
ちなみに我々は慣れたので、金網の存在もほとんど気にならなくなりました。

写真はどうしているかというと
f0138828_2383532.jpg
とにかく網にレンズを近づけ、スキマ越しに撮る…という。
こういう場合、大口径なレンズは不利。コンパクトデジカメ、レンズもあまり
出っ張らない方がよろしい。
f0138828_23103159.jpg
まあ、高倍率の望遠を使えば、網を消すことも出来ますけれど。
ってコレはあまり消えてないけど。作例(イメージ画像)ですんで。

ちなみに、網にカメラ近づけ方式で気をつけなくてはいけないことは
金網をでっかいアリさんや蜘蛛さんやら幼虫さんが歩いている時がある…と
いうことです。撮影に夢中になって気づいたら腕にアリが…とか
コイツは絶対あとからすごく痒いっ!ていう蚊が、延ばした腕で悠々と
お食事中、しかも動画撮影中で動かせない……などということは
日常茶飯事でございます。

f0138828_19425994.jpg
                         日常草食事。
[PR]
by capybaraengine | 2007-11-07 19:45 | 神戸カピバラ(王子動物園)
<< ちいさな末っ子のカピバラのはなし 8頭だよ全員集合 >>
解析
IT GEAR