檸檬ちゃんその後
世界最大のネズミ「カピバラ」仲間入り とくしま動物園
徳島市のとくしま動物園に、世界最大のネズミ「カピバラ」(げっ歯目カピバラ科)の三匹が仲間入りし、人気を集めている。来年のえとにちなんで購入したもので、園では二十四日から愛称を募集する。

 カピバラはアマゾン川流域の水辺に生息し、成長すると体長一メートルを超える。仲間入りしたのは一歳の雄一匹と、一歳と四歳の雌の計三匹。体長は六〇-八〇センチで、おとなしく人懐こい性格という。サバンナ地区で飼育されており、普段は池で泳いだり青草を食べたりして過ごしている。

 都内の鳥獣販売店から二匹を購入、一匹は園のリスザルと交換し、今月五日に来園した。愛称の募集は来年一月六日まで。サバンナハウス内に応募箱を設置する。
          
                         とくしま新聞Web 2007/12/21 10:49


増やす気満々な組み合わせ。

「1歳の雌」が檸檬ちゃん。
写真を見る限りではなかなか広い展示スペースのようですね。

しかし応募、直接行かねばできないのかー。

とくしま動物園
[PR]
by capybaraengine | 2007-12-21 18:52 | 徳島カピバラ
<< フェチズム魂 オオアリクイとドイツの動物園 >>
解析
IT GEAR