とくしま動物園のカピバラたち(前編)
f0138828_15533266.jpg
応募箱設置場所のそばにあった詳しいカピたちの説明。
生年月日とだいたいの出生地が書いてあるのがうれしいです。(だいたい過ぎるけど)

f0138828_15552639.jpg
並ぶさんにん。左からメス2(もと檸檬ちゃん)、オス、メス1。

写真がたくさんあってなおかつイロイロ書くことが出来た長いエントリーになったので、
2回にわけ、前編はオスとメス1から紹介です。







f0138828_15594380.jpg
オス。
2006年9月18日九州生まれ。性格は人懐っこく、池の周りを好む。
体はいちばん小さく、背中の毛が逆立っている。体長60センチ体重20キロ。


1歳3ヶ月半、毛は細くてつやつや。お顔カワイイ。
f0138828_165128.jpg
                     カリカリをカリカリと。

九州出身なのですね。九州にはカピバラのいる動物園が多いけれど
生年月日がわかっているし、調べやすそうです。現在調査中。
f0138828_166369.jpg
                        お水も飲む飲む。

…というかどなたか以前にレポとかされてませんかね?
「06年の連休に○○(動物園名)に行ったら赤ちゃんが誕生していました!
9月18日に生まれたそうです!」…みたいな。
いやまずは、その線で検索してるんですけど。

超有力な線がコレ。
Como esta! BIO PARKの2006年10月06日附エントリー。
カピバラのママと7頭の子どもたち
7頭の赤ちゃんカピと、母親の一人が死んでしまったため子育てを一手に引き受けた
母親カピの話です。このちみちみの中のひとりなのかどうなのか。

ところでこのエントリの最後の一行に母親カピの名前が出てきます。
その名は……

とくしまのネタと関係ないところでじーんとしてしまいましたよ。

f0138828_1692515.jpg
                          ぬふーん

f0138828_16101826.jpg
                       ぬっふふん

↑後ろに丸まっているのはメス2(もと檸檬ちゃん)。サイズの差はこんな感じ。

f0138828_1614636.jpg
見ている間はこのコがいちばん活動的でした。
他のふたりがひなたぼっこしつつ寝ている隙にむくりと起き上がり、
何カ所かにわけて置いてあるカリカリを求めテクテクと敷地内をあちこち。
食欲旺盛。いいことです。

f0138828_16175964.jpg
                     熟睡。 育て!寝る子。


                   育ちました どーん。
f0138828_1619010.jpg
メス1。
2003年6月20日、近畿出身。性格はおとなしく、サバンナハウス前の
キリンのエサ台下を好む。体は3頭で最も大きい。体長80センチ体重35キロ。
f0138828_18283942.jpg
                       ゴロッ…っとね。

4歳と6ヶ月半。立派なおとなカピです。ここでのポイント(ウチ的に)は近畿出身ということ。
近畿で2003年6月20日の時点でカピがいた動物園ですぐに思い浮かぶのは
王子動物園、姫路セントラルパークです。
もうひとつ思いつく宝塚ファミリーランドは、その時期がちょうど閉園→完全閉園に
当たる時で、確認は難しそうです。また、こういう記録もあります。

f0138828_18291324.jpg
                 干し草とカリカリって喉が渇くのよね

2003年…神戸母カピが2002年生まれ。神戸兄カピが生まれる2006年までの間に
何頭か生まれているのを見、また写真も撮ったので、王子で生まれよそへ移ったカピが
何頭か存在することは確かです。しかし、まだそのころは自分では生誕日の記録などは
していなかったので、いまここですぐに判定をすることが出来ないのです。
なのでまだ行ったことすらない姫路セントラルパークなのかどうかもわかりません。

で、もし王子動物園だった場合…どうなるかと言いますとですね…

(1)この写真↓の中のちびのひとりが「メス1」である可能性が出てくる。
f0138828_18394344.jpg
                                                (2004年撮影。)

(2)我々が海を越え往復交通費6000円/一人当たり(高速バス+路線バス利用)を費やしても、
とくしま動物園を訪ねる頻度が非常に高くなる。
f0138828_1842030.jpg
                          鋭意調査中!



紹介文中にあった"サバンナハウス前のキリンのエサ台下を好む"のエサ台というのはコレ。
写真では見づらくなっているけれど、バスケットコート状態のエサカゴです。
f0138828_1852432.jpg

                           その下。
f0138828_18522384.jpg
                        好んでます。

f0138828_1942928.jpg
実際には閉園時間(季節を問わず4時半)直前に、3人みんな仲良く潜り込んでいるところです。
ねぐらになっている?のでしょうか。

後編へ続きます。内容はメス2と、3頭全体について。
次の次の回ではカピのいるサバンナ区のようすを動画つきで紹介したいと思います。
とくしま動物園の他の動物についてもチラリと。
[PR]
by capybaraengine | 2008-01-06 20:42 | 徳島カピバラ
<< とくしま動物園のカピバラたち(後編) 新春第二弾カピバラは… >>
解析
IT GEAR