GW特別試験的企画その2
f0138828_2103357.jpg
                   ↑イメージはあめりけーんなe-カード。



飛び出すカピバラ!

今回は申し訳ないですけれど、けっこうヒトを選ぶと思います。
裸眼立体視(平行法もしくは交差法)が出来るヒト向け。

3-Dカピバラ写真です。


■平行法
f0138828_11512671.jpg

■交差法
f0138828_1152252.jpg


■平行法
f0138828_2112592.jpg

■交差法
f0138828_21121545.jpg



平行法は遠くを見る目、交差法は寄り目ですね。
平行法の方が簡単ですが、
立体感がありまた大きいサイズの写真でも
立体視が容易なのが交差法です。

平行法の感覚がつかみづらい場合、下敷きやハガキ(無地のもの)などを
写真の中央に立て、反対側を顔に付け右目左目の情報を分けて見るようにすると
立体視しやすくなります。

あまり続けているとキボジワルグなってくるのでほどほどに。

さらに他の写真(カピ以外もアリ)を試してみようという方はこちらへ。
交差法用の大きいサイズの写真もあります。
[PR]
by capybaraengine | 2008-05-05 13:00 | 手さぐりプロダクツ
<< 行き倒れカピ一家 ゴハンまだかな合唱隊2 >>
解析
IT GEAR