カピバラのプレイファイティング part1
f0138828_2058461.jpg

play fightingというのは、適当な訳語がないのですが、
ようは仲間内、兄弟どうしに見られる、けんかのようなじゃれあいです。

身近なところでは仲がいい犬どうしのガウガウとか
仔猫がもつれあって蹴りまくってドタバタするとか、
人間ならプロレスごっことか、まあ、ああいうのです。

遊びには、大人になるトレーニングとしての意味もあります。
立ち上がってがっぷり4つに組む、というのは、カピバラにとって
戦いのポーズのひとつなのです。
解説はPart2にて。野生下のカピの戦いについて少し詳しく。

動画は、お互いは仲がいいちびカピ兄弟(1歳3ヶ月)の
プレイファイティング。まずは前哨戦から。

" target="_blank">Capybaras Play Fighting Part1

Part2ではさらに激しくなります。
激しいのですが、殺気だったところがないので
気楽に見られますんで。
[PR]
by capybaraengine | 2008-07-02 21:14 | 神戸カピバラ(王子動物園)
<< カピバラ逃走・現地報告 設計図を書き換えねば >>
解析
IT GEAR