お父さんのヘッドバンギング(ごはんまだかな北陸篇2)
f0138828_19183684.jpg
                    お姉さんを待つ。

f0138828_19192115.jpg
                                       ぎゅうぎゅう。

「ごはんまだかな」をするいしかわ父・センさんの不審な不思議な動きと
ウロウロする母子の動きをお楽しみください。

ごはんまだかな@いしかわ動物園

f0138828_1920972.jpg
それにしても何でしょう。センさんのヘッドバンギングと扉カシカシ。
「こうやっていれば扉が開くんだ!」という…少しおまじないじみた…

たまたまやっていたら扉が開いたという経験からの「学習」なのか。
やらなくても時間が来たら開……いえ、そんなことを言ってはいけませんね。

家族の食事のため、頑張るという気持ちに価値があるのだと思います。
(いや、真相はセンさんにしかわからないのかも知れないけれど。)

f0138828_19254531.jpg
下の隙間をカシカシしてるところ。なんか、それ、犬がよくやってる。
そしてどことなく雄ライオンっぽい。ライオンハート。

f0138828_19291379.jpg
見守るちみたち。        とうちゃんがんばれー   がんばれー

f0138828_19323510.jpg
もしかしたら、こっちの扉なんじゃないかしらと思う母。しかし口には出さない。

f0138828_19364440.jpg
今日も頑張るお父さんの背中。





ところで…以前「晴れはれ日記」のかえるさん、いしかわのカピバラで縁が出来た方、と、実は同じ9月14日、同じ時間に、いしかわ動物園カピ舎前にいたのではないかというウタガイ(笑)が湧いていたのですが。

この、扉の前で待つちみたち。
f0138828_19431361.jpg
そして、かえるさんがいしかわ動物園に行かれた時のエントリ「いしかわ動物園みたび」の、一番下の写真と比較してみますと…

母とちみたちの配置がいっしょ……のように見えませんでしょうか?
(こちらの写真には写っていませんが、実は父の位置もいっしょです。)
まあ、我々、2時~3時の間を除けばあとはずっとカピ舎前にいたわけ
なんですが。

で、そうだとすると我々、かえるさんの左方で写真を撮っていたということに。
うーむ…なんて惜しいチャンス!気づいていれば直接お礼など言えたのに!

というかどうやって気づけばよかったのか。

さすがに「あ、もしかしてこのひとはっ!」と、お互いわかるようならば
それはそれで恐いだろう逆に。悪いこと出来ない、みたいな。

それにしてもしばらくカピに関連して不思議な縁が続くなあと思うのでした。
日本の人口ってもしかして2千人ぐらいですか?
[PR]
by capybaraengine | 2008-10-16 22:46 | 北陸カピバラ
<< 静かなるドン ちみちみぞろぞろ(ごはんまだか... >>
解析
IT GEAR