カテゴリ:長崎カピバラ(バイオパーク)( 55 )
日本中ちびちみだらけ
長崎バイオパークで8月に6頭の赤ちゃんが誕生!

Como esta! BIO PARK「カピバラのベビーラッシュ☆」

しかもふたりのお母さんから…
f0138828_16493235.jpg
ということでやっぱりおなかに赤ちゃんいたということですねー。
なのでやっぱりおなかがすごくすいていたと。

参考エントリー
「カピバラにヤラれる」
「カピバラにヤラレル・補遺考察篇」




え、悪食説?なんですかそれ?

ちなみに、11月頃バイオパークに行けば、現在隔離中のちみちみたち放飼場デビューしてるんじゃないかなー…とか考えていたりいなかったり。
[PR]
by capybaraengine | 2007-09-06 16:23 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
ちびちびわらわら
埼玉県こども動物自然公園での、,授乳しているお母さんのポーズに
何かデジャビュを感じると思ってたんですが、この写真でした。
f0138828_21144037.jpg
03年に長崎バイオパークで撮影。
手足を踏ん張り、少し体を持ち上げるようにしたポーズがおんなじ。
これを長い時間やるのはなかなか大変だと思います。
f0138828_3154237.jpg

このときもちみちびがいっぱいわらわらと走っていました。
数は数えられなかったのですが、写真を見返してみると、
いっぺんに最大で8頭が写っているので、
埼玉に負けない数のちみちびが走り回っていたことになります。

カリカリは食べるけれど、さわろうとすると逃げるちみちび。
f0138828_3213345.jpg


4年経っているので、このときにいたちみちびの何頭かが、
今バイオパークでお母さんになったりヒトを噛んだりしているのかもしれません。
f0138828_3232138.jpg

[PR]
by capybaraengine | 2007-08-25 21:15 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
カピバラ斜面を下る
池の端でボーッとしていたら
気がつけば回りからカピバラたちの姿が消えています。

どこ行ったんだろうと探してみたら…いましたいました。
f0138828_21221112.jpg


こんなとこ………
f0138828_21223183.jpg
                         えーーーっ!?

放飼場のスミにけっこう急な斜面があるのですが、
なぜかみんなそこに昇ってしまっています。
どうやって昇ったのかというと
f0138828_21254814.jpg
左側に比較的緩やかな道があり、そこをみんなでぞろぞろと…
というか何のために上ったんでしょうか?
上ったはいいけれど、どうやって降りるつもりなんでしょう。
傾斜はけっこう急で、コケが雨を含みぬるぬると滑りやすくなっています。
そしてカピの手足はというと…
f0138828_21283975.jpg
                         手。
f0138828_21291892.jpg
                           足。

地面に食い込むを鋭い爪もなければ、岩をつかむ力強い指もなく、
斜面に適したヒヅメもありません。
肉球もみるからに滑りやすそうです。

f0138828_21351033.jpg
                          ………………。

…この続きは動画でどうぞ。



…つか、上ってきたトコから降りればいいのに…と思うんですが
モットーは前進あるのみ、のようです。

f0138828_21385771.jpg
鹿も四つ足、カピも四つ足。鹿が通うこの道をカピバラが通えぬはずが…
いや、それってけっこう無謀だと思うんですが!

f0138828_21403185.jpg
最終的には、危なっかしい足取りながら全員無事に地上に降り立つことが出来ました。
見てるこっちはハラハラしっぱなし。
そして行動の理由はまったく不明。
脱走しようとしたのか、わずかな葉っぱを求める旅を敢行したのか
いまだに謎なのです。
[PR]
by capybaraengine | 2007-08-12 21:47 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
カピバラをなでたおす…文字通り
関西弁と標準語の二つの意味でなでたおしてみました。
f0138828_14505898.jpg

カピバラのふしぎな性質で、ナデナデナデしていると
恍惚になってふらりんと倒れてしまうのです。
手足つっぱらかして。全身えび反って。
f0138828_14511284.jpg


この姿を見るとなんて無防備な!野生でやっていけるのかと
思うかも知れませんが、そもそも野生のカピはなでるどころか
近づくことも出来ないし。



20秒あたり、腰がふらっと砕けてる姿に注目。

これってしかしなんのための性質なんだろう…
f0138828_14514847.jpg


ちびちみが母カピののど元にスリスリして、
母がゴロンとなる姿を目撃したことはあるのですが、それとはちがうような。
老若オスメス問わずコロンと行きますし。

まあ、カピの方の気分もあって、いくらなでてもコロンといかないコ
(でも逃げないしぴるぴる鳴いてるので気持ちはいいらしい)や
ちょっとなでただけですぐ落ちる超受け身なコなどがいるので
バイオパークに行かれた際は一回やってうまくいかなくても
何度かトライしてみることをオススメします。
f0138828_14534749.jpg
カリカリをあげてリラックス(油断(笑))させることも有効。
[PR]
by capybaraengine | 2007-08-11 14:56 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
むふー
f0138828_1853623.jpg

[PR]
by capybaraengine | 2007-08-08 19:44 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
そうげんの支配者
今回の長崎行きではアンデス広場含め他ゾーンで脱走カピバラを
見ることが出来ませんでした。
たまたまなのか、最近は脱走しなくなったのか?

2003年の出入り口
f0138828_10233757.jpg
囓り倒され、ちょうどカピの頭のある高さにアタックされまくった痕跡が。
f0138828_10235293.jpg
現在、こちらは封鎖され、2カ所あった出入り口は一カ所のみとなっています。

アンデス広場2003年のようす。
f0138828_10273372.jpg

現在は芝生養生のため、囲いがされ、ラマや鳥たちもしまわれています。

芝生養生の原因はおそらく…
f0138828_1027571.jpg
キミらだろ、キミら!

バイオパークのあちこちで草をはむカピバラというのもひとつの名物なのですが、今回見られなくて残念。遭遇したときのために魔法のガチャガチャ一個持ったまま回ったのに。



                カピバラ、ゆったりと草原を支配中。
f0138828_10314727.jpg
                飼育員さん、脱走の現場を押さえ中。
[PR]
by capybaraengine | 2007-08-05 14:29 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
カピが寝てる間に(3)
f0138828_9371181.jpg
アンデス広場まで戻って参りました。
今回写真がなかったので、2003年7月撮影のもので。
左側に見える坂道を上り来ればカピバラの池です。
ちなみに真ん中がラマの山、右側、2本のトロピカルな木の間に見える円形が
プレーリードッグの住み処。

ここにペットハウスという、ハムスターやモルモット、デグー、チンチラ、ヘビ、トカゲなどなど、
おうちで飼える小動物を集めたコーナーがあります。
パッと見、工事現場の仮設事務所みたいなんですが。
そしてココではバイオパークの入場料とは別に要200円。
なぜここに入ったかというと、アルパカのモコちゃんに会いたかったからなのです。

会いたかった理由はこちら>Como esta! BIO PARK「なんだかさっぱり!毛刈りしました♪

そしてすっきり毛刈りからおよそ1ヶ月ちょいのモコちゃん。
f0138828_9461584.jpg
なぜか自然に笑みがこぼれてしまうお姿。

となりには6月に生まれたばかりのシバヤギの赤ちゃんの姿も。

f0138828_9491724.jpg
乗っかっちゃったりしてすごくカワイイのでカピじゃないけど大きく乗せてみました。

f0138828_950991.jpg
これ以上安心する場所はないって感じですね。

さて、ここペットハウスにはネコもいます。
仮設事務所奥にある応接間みたいな広い空間でエアコンも効いています。
最近増えた猫キャパク…猫カフェ風に猫とくつろぐ場所。
ここの猫たち、あまりさわられるのもスキじゃないかもなーと思って
椅子に座って眺めるだけにしていたのですが
f0138828_955197.jpg


                        ………。
f0138828_9552133.jpg
なぜかこちらをうかがう猫。
しばらくしたらこのコは、こっちにやってきて、テーブルの上から身を乗り出し
私の太腿の上に前足を置いてフンカフンカしはじめました。
さらにもう一匹がやってきて同じようなことを。

なんだなんだエサはないぞと思ったのですが、猫興味津々なその場所は
f0138828_9574527.jpg
                                            

……もしかしてネズミの匂いに反応してますか??

その「ネズミ」、アナタの3倍以上のサイズなんですけど。
[PR]
by capybaraengine | 2007-08-03 16:30 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
カピが寝てる間に(2)
f0138828_1855717.jpg
ゲート前のおでむかえラマのプーちゃん

なぜいきなり園外?とお思いでしょうが、コレが食べたかったもので…
f0138828_18571483.jpg
佐世保長崎熊本とチェーン展開する佐世保バーガーのお店、Brutusバイオパーク店。
店名で検索すると東京にも進出しているようです。

園内の、動物たちの目の届かなそうな場所のベンチで美味しくいただく。
おなかがいっぱいになってカピのようにマブタが重くなりつつ池方面へ戻ります。

途中、アマゾン館のヌートリア。
f0138828_1932953.jpg
近所の池で野生化したカピバラを目撃したという話の9割9分9厘はコレであるということで有名。
え、ちがう?

この写真だと確かに似てないことはないけれど、シッポ長いし…
なによりヌートリアは、動きがふつうにネズミです。チョロチョロ動きます。
ネズミやヌートリアの通常の動きはというと
動く動く動く止まるっ動く動く動く動く止まるっ動く動く……な感じ(早口で)ですが
カピバラの通常の動きは
とーーまーーるーーーとまってるーーーーうご…動いたーとまるーーとーーまーーる
ーーー…動いたうーごいたーーとまった。、あ、とまってるーとまってるー(幅広くゆるやかに)
なので間違えようはないと思います。

走る時も、ネズミの場合体があまりブレずに足だけで走っている感じがしますが
カピはブレまくり体ゆすりまくりですし。
[PR]
by capybaraengine | 2007-08-02 17:29 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
カピが寝てる間に
ぐるっとバイオパークの他の動物たちにも会いに行ってみます。
ガチャガチャのゴハンをあげられるコたちを主に紹介。
あげ方はカピバラのように直接手からと、一部のサルなどのように
でっかいパチンコで投げるものがあります。

アカハナグマ。
f0138828_17485416.jpg
なんともいえない顔の柄が魅力。身軽で落ち着きはなくてカワイイです。
f0138828_1750138.jpg
左下に生まれたばかりの赤ちゃんアカハナグマ。シッポのしましまがまだ薄いですね。
f0138828_1757313.jpg

ガチャエサは投げ込む方式。

マーラ。最近あちらこちらでも見るコトが出来るようになりました。
f0138828_17501214.jpg
ちょっとしたことで折れてしまいそうな細い足、つぶらな瞳に大きい耳。毛の手触りもとてもいい。(カピにさわった後では特に)
ガチャエサは手から。しかし警戒心が強いので逃げてしまうコも。
f0138828_1756325.jpg
臆せず食べてくれるコがいると他のコも寄ってきます。

ミーアキャット。パチンコ方式であげられるのですが
すごくあげたかったのですが…
f0138828_17591390.jpg
ガチャエサがですね……ミルワームなんですよ。

ごめん無理。

アライグマ。ガラス張りの部屋の中にびっくりするぐらい大勢います。
f0138828_1802446.jpg
f0138828_1803433.jpg
誰か来た!
f0138828_187817.jpg
各所で「ゾンビ」(ジョージ・A・ロメロ監督の)と呼ばれるおねだり状態。スーパーマーケットに籠城した生存者に大挙して押し寄せてくる生ける屍を連想させてしまうのがその由来。
それぞれおねだり方法には個性があるのですが、少し悲しい気持ちになるのも事実。
ひとりひとりはこんなにカワイイんだけどね、アライグマ。
f0138828_1844365.jpg
でも、ラスカル一匹でさえ結局は手に負えなくなったわけだから、こんなに数がいたらいったい…

レッサーパンダ。夏季期間中はクーラーの効いた室内に。
f0138828_18994.jpg
キリリとした白まゆげがカワイイこのコは好奇心旺盛なオスの子。
ここには、一世を風靡した風太くんのひいおばあちゃんもいます。
さすがにゴハンはあげられません。

ベネットアカクビワラビー。カピの次に長時間いたところです。(でも15分ぐらい)
f0138828_181443100.jpg
文句なしにカワイイ。ゴハンは手から。毛もやわらかで良い手触りなのですが、食べるとき手の平に当たる口のまわりの毛はさらにやわらか。
f0138828_18161613.jpg
かわいいのだけれど、そのかわいさに見合うほどの人気がそれほどないような気がするのは、単純に普通にカワイイから?

プレーリードッグ。
最近赤ちゃんが生まれたばかりで、でも見られないだろうなーと
思っていたら、イキナリフツーにそのへんにワラワラといました。
f0138828_18204610.jpg
その辺に、というのは、バイオパークの優れた展示方式のおかげで距離感なく見ることが出来るということです。

ガチャエサはナシ。
f0138828_18223576.jpg
親。なんか笑ってしまうんですけどこの姿。
[PR]
by capybaraengine | 2007-08-01 18:27 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
ごはんのあとは
再び長崎へ戻ります。
前回、お昼を食べたところからの続き。

おなかがいっぱいになったカピたち。
おなかがいっぱいになると…
f0138828_191339.jpg
なんか目が…
トロンと…
f0138828_1914130.jpg
 こちらでうつら…
f0138828_1921726.jpg

あっちでうとうと…
f0138828_192445.jpg

f0138828_1931928.jpg
もうなんか、わかりやすすぎ。かわいすぎ。

f0138828_1955868.jpg
これ、足下に転がっているカピバラと同じ時に撮った写真なんですが、
転がっているカピに近寄ったのではなくて、気がついたらこの距離で眠りこけられていたという。
こんなことされたらもう、足、動かせません。

f0138828_19101652.jpg
出来れば輪の中に入っていっしょに寝たかったのですが
地べたが濡れているのと、
すぐそこで池のお掃除をしている職員さんの目があるのでガマン。







次の機会にはっ!
[PR]
by capybaraengine | 2007-07-31 19:12 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
解析
IT GEAR