カテゴリ:長崎カピバラ(バイオパーク)( 55 )
長崎カピバラひるごはん
f0138828_10264963.jpg
お昼は草。群がる群がる。
エサ入れ4つにわけているのですが、写真のように集中してしまうお皿もあって、
むしろ後から遅れてきて「あぶれた」方がお皿を独占できたり。

アマゾンではイネ科の草が主食であるという情報をウェブ上ではよく見ます。
これも見るからにイネ科ですね。

王子動物園ではたしかヒエだったので、同じかも。

f0138828_1028371.jpg
                       ぼふぼふぼふ
f0138828_10281762.jpg
                        ~~~~♪

それにしても美味しそうに食べますね。見てるこっちもおなかすきそうです。

動画。



最初の方に聞こえる、長く響き最後にお尻が上がる口笛のような音は
カピバラを呼ぶ飼育員さんの口笛です。(<のような音じゃないだろ
このときは雨がぱらっと来たときで、みな小屋の方に避難していたのです。
おかげでぞろぞろ急ぎ足で(カピバラ比)やってくるさまが撮れました。

だいぶ食べ尽くす。
f0138828_1034041.jpg
やわらかい葉っぱからなくなり、硬い茎がキレイに残っています。
この辺でみんな満足して離脱するのですが、おなかがすいてきたらまた戻ってきて
残さず食べ尽くします。

f0138828_10353459.jpg
朝ご飯も、最初はキャベツの芯やにんじんの頭の方が残っていました。

やはりげっ歯目であろうと、やわらかく食べやすいのがお好みのようです。

考えたら、アマゾンでは広大な土地に無尽蔵のやわらかい草が生えているし
茎まで食べなくてもいいんじゃないかと。
その方が新しい葉っぱも生えてきやすいですしね。
[PR]
by capybaraengine | 2007-07-25 20:32 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
長崎ちみカピすくすくと
長崎バイオパークのスタッフブログ”Como esta! BIO PARK”の
7月24日付のエントリーより。
6月23日生まれのふたごのちみがお池デビュー
展示場デビューへ向けてちゃくちゃくと成長しておりますねー。
   
f0138828_1826742.jpg
お昼を食べる母とちみ。母カピの顔よりちっちゃいぞ。(写真は2週間前の7月10日撮影)
[PR]
by capybaraengine | 2007-07-25 18:28 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
長崎のあさごはん
長崎バイオパークのごはん、朝・昼・夕と小分けに出てくるようすが見られました。
夜食があるかどうかは不明。

f0138828_10503328.jpg
まずは朝食……だいぶ食い散らかされておりますが、
キャベツ、ニンジン、カボチャが確認できます。
ずいぶん残してるなあ…と思ったのですが、
f0138828_1051267.jpg

気がついたら残っていたのもキレイさっぱりたいらげられておりました。


f0138828_10513732.jpg
                     あっ、キャベツみっけー


お昼の様子は次のエントリーにて。
夕ご飯は準備している様子だけしか見られず、メニューは不明。
バイオパーク前から出る路線バスの最終が閉園5分前だった…。

あと、おやつタイムなのか2時頃、魔法のカリカリがざらざらざらと食事台に。
人が少ないからバランスを考えての処置かも知れません。
…でもやっぱり少し足りなかったようですよ。(腕にカピの傷がまだちょっとがある男より)
[PR]
by capybaraengine | 2007-07-25 17:56 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
カピバラの舌
岩塩の話を書く際、長崎バイオパークで撮った動画から
静止画像を切り出したのですが(最初の2枚)
その時、岩塩をどうやって食べているんだろう…囓っているのか
なめているのか。
そもそもカピバラの舌って見たことないなー…と思い
さらに他の動画をコマ送りで見てみたところ

カピバラの舌が写ってましたよ。

以下続けますが、ちょっとコワい写真があるかも…とまずは警告。

f0138828_18494857.jpg
               ここに写っているのは下の歯(矢印)
f0138828_18503010.jpg
                     ナニかチラッと見えてます。

                これだけではよくわからないので他の動画を
f0138828_18511559.jpg
              なにかピンク色のものがチラッと見えてますね
f0138828_18513319.jpg
f0138828_18515145.jpg
                       なんか出て……
f0138828_18535395.jpg
                      キターーー!
f0138828_18545996.jpg
                         コワッ!


               …でもなんか笑えるのはなぜなんだ。


カピバラに手の平からカリカリをあげている時に、前歯が軽くこするのと、口の周りの、やややわらかい(カピバラ比)毛がもしゃもしゃと手の平をくすぐって、ちょっと癖になる不思議な感触があります。
この写真を見ると、なるほどこの黒っぽいもふもふした毛が当たってるんだなーと納得。
ベロは…以外とぶあつい感じですね。先っぽの感じは、人間の舌っぽい。
でもこの舌で奥歯に食物を送り込むわけだから、実際には長ーいんだろうなあ。
[PR]
by capybaraengine | 2007-07-22 19:05 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
「岩塩」について
前回や以前の記事でも触れました「岩塩」ですが
これは実際には、塩にミネラルやビタミンなど混ぜた「鉱塩」と呼ぶのが
より正確な名称のようです。
畜産の現場や動物園で、ミネラルなどの配合がイロイロある
各種鉱塩製品が使われているのですが、
まあ、飼育員さんも「岩塩」っていってたし、通例的な用法と言うことで。

岩塩、というと、採掘天然モノというイメージがありますので
正確を期すために念のため。

で、その岩塩=鉱塩ですが
長崎バイオパークでも王子動物園でもカピバラたちに大人気。

長崎バイオパークでは餌台の横に吊してあります。
f0138828_1834026.jpg
                    なぜか潜り込みつつ
f0138828_18341528.jpg
                     ふたりがかりで

正直、どんな味がするのかなーなめてみたらしょっぱいかなー
…と思い、その衝動を抑えるのに苦労しました。
さすがに表面はカピがなめてるし、すこし削って、深い部分とか……

後で聞いたら、カワセも同じコトを考えていたそうな。

f0138828_18342682.jpg
                     王子動物園、母2と「岩塩」
f0138828_18344445.jpg
                       ちびちみも夢中


※)追記 カワセが考えていたのは
「表面を水で溶かして、なめても大丈夫な部分を出す」だったそうな
[PR]
by capybaraengine | 2007-07-22 18:39 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
カピバラにヤラレル・補遺 考察編
まず動画でもわかる、勢いよすぎる食いつきっぷりですが、
実は日祝日にバイオパークに行ったヒトのブログなどを見ると
これほどではないのです。とてものんびり。

動画内で「いたた」とかほざいておりますがこれは噛まれているのではなくて
突撃してくるので前歯が勢いよく手の平を摺るのと、
複数の鼻がガツガツとぶつかってくるからです。

あと、他のコを追っ払おうとするカピバラに蹴られたり。
f0138828_1004543.jpg
                       なぜかみんな傘に興味津々。

で。

■原因考察その1
・平日+雨予報で入場者が少なく、カリカリに飢えていた
・パンフレットに、「むりやり動物にさわろうとしたり抱こうとすると噛まれることがあるので注意」という内容が記載されているけれど、それはやっていない。
・「こいつら、おねだりすればなんぼでもカリカリ出てくんで」ということがカピバラたちにバレた。(長崎弁わからないので関西弁で。)
つまり、調子に乗りすぎ。カピ独占状態に舞い上がりすぎ。反省点。

「野生動物は食べ物に貪欲なぐらいがちょうど良い」というような意味のことを
王子動物園の飼育員さんがおっしゃってました。
その貪欲さを煽るようなコトをしたのが原因。

なので、貸し切り状態になったとき小さいお子さんや赤ちゃん連れの方は少し注意が必要かもしれません。

f0138828_1075970.jpg
                         じりじり迫る

も~しもあなたにもー長崎バイオパークで貸し切りになることがあれば~
このことを~思い出して~注意して~カリカリやって欲しい~~♪

ちなみに、噛まれはしなかったけれど、食いつくカピの口の中に、勢い余って指がすっぽりはまったりもしました。これはちょっと笑った。カピも少し驚いてたし。


■原因考察その2
この少し小さい大人カピバラ、実はちょっとおなかが大きい気がするのです。
(神戸母カピ1の妊娠を当てたカワセ談)
んで、以前神戸父カピが噛まれたのはどちらも極端に飢えた状態のコ。

こちらは子カピ(兄か姉かは不明)
f0138828_10115569.jpg
                  ビクッとなっている父の右前肢に注目。

こちらは母1(ちみ×3出産直前)

つまり噛むのは、めちゃめちゃおなかのすいたカピバラが、
自分より体の大きい者(自然な状態なら雄カピ)に
ゴハンをねだるしぐさではないかという仮説を立ててみたわけです。
コレに関しては何か研究論文とか読んだわけではないのですが
案外当たってるんではないかと思ってるんですがどうでしょうね。

このコ、ネット越しにちみカピの毛がやわらかいかどうか確かめようと
奮闘中のカワセのところにも突撃して、エサを横取りしようとしたらしいです。
そんくらい飢え飢えなのです。

■原因考察3
「妊娠期間中(推測)なので変わったものが食べたくなっていた」

悪食かよ!

■原因考察4
「岩塩だと思われた」(カワセ説)


f0138828_101409.jpg
                            岩塩。

確かに夏になると塩っぽいけどな……
…って!


今現在、手の甲の噛みあとはすっかり消え、腕の方も消えつつあります。
最近、ケガが治りにくくなって跡が残りやすくなったなーと嘆いているのに
こういう傷は治ってしまうのだな。

目指してたのになー、腕にカピバラの噛み傷がある男。
カッコイー                                   <よくない。
[PR]
by capybaraengine | 2007-07-20 10:35 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
カピバラにヤラレル
♪右から~右から~カピバラ来てる~~
f0138828_916235.jpg


        ♪左から~左から~もカピバラやって来た~~
f0138828_9195067.jpg


     ヤラレター
f0138828_9222632.jpg


めちゃめちゃカワイーーと喜ぶ馬鹿者からの視点。
f0138828_9224452.jpg

しかし、このコたちは泥の川を渡ってきてくれたわけで…
f0138828_9453183.jpg
当然、ズボンにはこのようにくっきりとモミジのような手形が。(左下が指先)


左からやって来たほうのコは、少し小さい大人のカピバラ(メス)。
大人の中で唯一、積極的にカリカリくれーと鼻息も荒く突進してくるコでした。

しかしこちらも順番順番と、まず積極バリバリのオス(長崎兄カピ)にあげておいて、
食べてるスキに長崎兄カピの前に立ちふさがるようにして他のカピたちにもあげる…
そこに食べ終わった長崎兄カピ襲来…はじめにもどる…の繰り返しをしていたのですが
どうもそれがじれったかったようで、ついに

                          「!」
f0138828_9473648.jpg

「いててててってててて!」

………噛まれました。ガフガフとあちこち。
手の甲に腕にパンツも数カ所。

手の甲。出血してしまったので水道で洗った。
f0138828_9503217.jpg

腕。こっちは血豆が出来た程度。
f0138828_9525693.jpg
パンツ(綿ツイル)の歯形。
f0138828_955166.jpg

変な色なのはわかりやすいようにカラー調整したせいですんで、ねんのため。

けっこーというかかなり痛いぞ。

そういえば、父カピ(神戸)が他のメスに噛まれて
ビクッ!となっていたのを何度も目撃したことがあるけれど
あれが身にしみてよくわかりました。大変だ父カピ。
具体的にはちいさいヤットコではさまれる感じ。(はさまれたことはない)
つまり「粗忽の使者」もこんな感じか、なるほど。

…いやそういうところに感心している場合ではなくて。
動物に噛まれるようなコトがあった場合、悪いのはたいがい人間の方。
なぜ噛んだのかの考察は少し長くなるので別エントリーにて。

ちなみに…
「いやーーカピにズボン汚されたよーそんで囓られたよー痛いなー」と話す
トバリの表情はめちゃめちゃ嬉しそうだった(少し自慢げだった)そうです。



カワセもやられました(噛まれてはいない)。
f0138828_959233.jpg
こちらもお見せできないのが残念なぐらい、めちゃめちゃ嬉しそうです。
f0138828_9593971.jpg

[PR]
by capybaraengine | 2007-07-20 09:16 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
魔法のカリカリ・カピまっしぐら
f0138828_1928791.jpg
               紹介はそのへんにして、はやくカリカリをください。
f0138828_1932214.jpg
                くれ。           ちょうだい。

では、その食いつきっぷりを動画でどうぞ。


今回、カリカリを食べてる写真や動画、他のシーンに比べかなり少ないのです。
理由は、動画の様子からわかりますように、そんな余裕がなかったから。

こういう風におとなしく食べてくれてる時は撮れるんですけど。
f0138828_19412727.jpg


しかし写真や動画が撮れる時はこれでもまだまだ余裕があった…
ということがさらにわかってくるのです。

そうしてカリカリ篇、さらに続くのです。
[PR]
by capybaraengine | 2007-07-18 19:28 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
長崎カピバラ一家ご紹介
魔法のカリカリ(暫定的名称)の前に軽くご紹介。

7月10日に長崎バイオパークで確認できたカピバラは、
・保護のためケージのあるスペースにいるちみ2頭と母、
・通常のスペース(カピバラの池)にいる9頭、
・そして別の場所にいる1頭=あわせて13頭でした。

池にいる9頭勢揃いの写真は撮れなかったので、なぜかホースの周りでたむろ中の8頭。
f0138828_213990.jpg
                やっぱり池は落ち着くなあ……

バイオパークにしては頭数が少ない時期でありますが
カピバラ独占状態ではそれでも大カピ数だったというのが
後々わかってくるのです。

こちら、印象では、1歳前後から2歳ぐらいまで…の子カピたち。
サイズがちょうど、姉兄カピ(1歳3ヶ月)より少し小さい子から少し大きい子ぐらいの幅なので
たぶんそのぐらいかと。
もっとわかりやすく言うと、柴犬サイズ。
f0138828_255267.jpg
これぐらいのコたちが一番人なつっこくてカリカリアプローチも激しくて、ナデナデもいやがらずにさせてくれる、可愛いさかりのカピバラたちです。

こちらは大人組。
母カピほどのでかさのカピから、それよりひとまわりふたまわり小さいサイズの相。
f0138828_2122149.jpg
子と違って、積極アプローチはあまりしてきませんが、カリカリは喜んで食べるし、性質も大人しく、これぞカピバラという感じです。

しかし、例外もあり、この例外が後でエラいことに(笑)。

長崎バイオパークでは神戸同様、群れのリーダーであった父カピが亡くなってしまい、
現在、大人のオスのカピバラはいません。
(加え、血が濃くなってきたため、現在、他園からの大人のオスを交渉中とのこと。)

飼育員さんのお話では、子の中に実は3頭もいるらしいのです、オス。

中でもオスらしさがひときわ目立つのがこのコ。
f0138828_8114761.jpg
上(鼻の上のコブ)も下(撮影したけれどグロ画像に近いので自粛)も立派なオスの兆候をみせています。
また、性格も少々荒っぽくやんちゃで、魔法のカリカリにとびついてきたり他の子カピを追っ払ったりする憎いヤツであったりします。
しかしサイズ的に兄カピとダブるところがあって、いつの間にか「ううむ、にくいやつめ(はぁと)」と意味がシフトしたりなんかして。
しかしこの身びいきが後になってエラいコトに(笑)<またか

f0138828_10262449.jpg
神戸父カピを凌駕するアホ毛ぴろぴろ。
[PR]
by capybaraengine | 2007-07-18 02:06 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
マジックカプセル
わざわざ泥の川を渡って来てくれたカピたち。
こちらとしても当然の礼を尽くさねばなりません。

カピへの礼、それは…
f0138828_2351492.jpg
ガチャガチャ(1回百円)で出てくるのはカピのごはん。
いや、礼とかじゃなくても買うつもり満々で来たわけなんですけどね。

f0138828_237548.jpg
見た目ネコや犬用だとカリカリと呼ばれる、一見、人気がなさそうなドライフードですが、これの食いつきがめちゃめちゃよいのです。
葉っぱとか果物とか食べててもこっちに来ます。何か秘密があるのでしょうか。
コレがあれば王子のカピたちも意のままに…!という悪い考えが一瞬よぎりますが
すべて長崎で消費してまいりましたんで。

そして思う存分、訪問4年ぶりの思いを込めてつぎ込みまくるトバリカワセ。
あの日のカプセルの売り上げ、4-5個をのぞいてあと全部、我々ですから。
[PR]
by capybaraengine | 2007-07-17 23:04 | 長崎カピバラ(バイオパーク)
解析
IT GEAR