<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
カピバラフィギュア製作計画6
顔を集中して修正。人形は顔が命。
f0138828_8134213.jpg

鼻にも立体感をつける。
立体感といってもわずかなものだけど。
左右非対称だったので後に修正。
f0138828_8145561.jpg

顔には細いヘアラインを入れて仕上げを楽にしようと画策。
彩色で質感を出すのが不安なので(←カラー下手)

彩色といえば、感じをつかむためフォトショで加工してみる。

f0138828_828452.jpg
文明の便利。
目はもう少し大きい方が良いかな。
[PR]
by capybaraengine | 2007-02-28 08:12 | 手さぐりプロダクツ
カピバラフィギュア製作計画5

f0138828_895731.jpg

ようやくファンドを入手したので追加盛り上げ。
顔だけじゃなく、太ももとか肩甲骨の盛り上がりも加える。
怪獣フィギュアでも作ってるのか?みたいな感じになってきたけれど、あとで削るし。

f0138828_8111848.jpg

顔アップ。エラも足し、耳を付け直すためにはずす。
カピの顔っぽさが増してきました。
ちょっと恐いけど。
[PR]
by capybaraengine | 2007-02-27 08:08 | 手さぐりプロダクツ
カピバラフィギュア製作計画4
まだファンドを買いにいけていない。
なのでまた、ふわ軽粘土でちっこいカピを作ろうと思った。
こんな感じを参考に。

f0138828_756778.jpg
一度仔カピを作っているし、今回は教訓を生かしパーツを首・ボディー・手足・耳に分けて組み合わせ、
ディテールよりも全体のポーズをメインに、しかもおとなカピのおなかで隠れる全面部分はテキトーに作った。
結果、製作時間は2体で30分。

出来たモノ。
f0138828_7563057.jpg

昨日作った仔カピは乳飲み子と比べると結構大きいので、1歳児ということに決定。
[PR]
by capybaraengine | 2007-02-26 07:52 | 手さぐりプロダクツ
カピバラフィギュア製作計画3
カピフィギュア、ウチの家内さんから「どうも羊っぽい気がする」という指摘が。

やだなー。たしかにモサモサしてるけど…羊とは違うでしょう、羊とは。
f0138828_0103251.jpg

羊だ     orz

イヤ、実はちょっと気にしてたんだよね。羊っぽいかもなーと。
うぐぐー。しかしこういうところをサラッと指摘してくれるのはありがたいので修正にかかることにする。
その修正とは…
f0138828_0113739.jpg

顔をデカくする。
これですくなくとも羊っぽくはなくなりました。
実はあごの下に肉を足した時点でファンドを使い切ったのでここで中断。
もう少し鼻を伸ばしたいけれど、メドはついたので。

で、他にもイロイロディテールを修正したいのだけれどファンドが近所では手に入らないので、
手元にあった100均のふわ軽紙粘土でなんか作ってみようかと思い立つ。
f0138828_0121697.jpg

仔カピ。

パーツ分割でなく、いきなり塊から作っていったら、
こっちを造形してる間に他の部分を握りつぶす、そっちを修正してる間についつい持っている指がかすって足を折る、というオロカなことを繰り返して結局3時間ぐらいかかってしまいました。
バカだ。

f0138828_0124813.jpg


こだわりはやはり尻。
ぽっこりおなかの幼児体型もポイント。

f0138828_012573.jpg


大きさ比較。
[PR]
by capybaraengine | 2007-02-26 00:09 | 手さぐりプロダクツ
カピバラフィギュア製作計画2
f0138828_13171672.jpg
バイオパークや王子公園で撮影した写真を見ながら足をつけてます。
資料写真だけは膨大にあって困ることはありません。

f0138828_1318627.jpg
耳をつけ、足の特徴である水かきなど作ります。
最終的には削ったりイロイロするので、おおまかに。
でもディテールつけたくなるんだよなー。

資料の写真と比較するとややお尻(カピ尻)のボリュームが足りなかったので、
ファンドを盛って修正。
f0138828_13202663.jpg

かなりいいカタチになりました。

このへんでまた乾燥待ち。
[PR]
by capybaraengine | 2007-02-25 13:14 | 手さぐりプロダクツ
カピバラフィギュア製作計画1
カピバラのフィギュアが欲しい!でも売ってない!

思い立って立体造形に挑戦してみることにしました。

正直言って、立体物、まともにやったことはこれまでただの一度もありません。
あ、正確に言うと、図画工作の授業で、ちぎった新聞紙を薄めた洗濯糊にひたし、
貼り重ねて動物とか恐竜とかあるいは夢に出てきそうなお面を作ったりとか、
油粘土の匂いに気持ち悪くなりながらなんかやはり動物とか恐竜とか申し訳ないぐらいブサイクな「おともだちのかお」を作ったりとかはあるんですけど、
まあ、そういうのは勘定に入れないようにして。

f0138828_12594181.jpg百均で買ってきたアルミの針金で骨組みを作り、この上にファンドで肉付けしていきます。

やったことない割にはなぜか造形にはファンドがいいらしいとか言う知識だけはあって、
これを含め、パテとか溶きパテとかサーフェイサーとか、断片的に知っているコトはガンプラブームに付随した改造やフルスクラッチとかのブームがあって、特別に興味がなくても情報として入ってきたからなのです。

しかしそれぞれの知識が関連づけられてないし系統立ってないし細かいハナシになるとテンデわけわからないので、
その辺りはネット上に奇特な方々が載せている制作記事やハウツーを参考にさせていただきます。
もっともその辺を検索すると当然ヒット数の多いページから先に見つかるわけで、んでもってそういうページは美少女フィギュアとか球体間接人形とかなんかなわけで、
今回作るモノの本質的な部分では参考には出来なかったりします。

f0138828_1333684.jpgなんのかの言っているウチに顔とボディはなんとかカタチになってきました。

作りやすい大きさでやったら、けっこうデカい。

うしろのジョブーブハンコフィギュア(ガテン系)がいい味。



f0138828_136417.jpgこだわりの後ろ姿。ここまで1時間半ほど。





本体はまだ柔らかいので、足や耳、他のディテールは、表面がある程度硬化するまで。



本日の作業は終了。
[PR]
by capybaraengine | 2007-02-24 12:57 | 手さぐりプロダクツ
バナーアップロード用ポスト
f0138828_1652662.jpg

[PR]
by capybaraengine | 2007-02-01 16:05
解析
IT GEAR