<   2008年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧
もりもりのぺたぺた
f0138828_21342595.jpg

[モリージョ]
(1)スペイン語で「小さい丘」の意味。カピバラにおいては鼻根部に位置する
なだらかなこぶ状に突出する分泌腺(臭腺)のこと。
群れの中で優位となるオスでは特に大きく発達し、劣位のオスではあまり
目立つことはなく、メスではほとんど見られない。
半透明~乳白色の分泌液は(自然界においては)葉や枝にこすりつけられ、
テリトリーの主張やメスへのサインとして機能する。

…と、まあ、てなことはわかっていながらも、「モリージョ」という字、または音に触れるたび
「盛りーじょ」とついつい思ってしまったりするそこのあなた、いやむしろワタクシ、
いかがお過ごしでしょうか。いやほんと、寒いですね。

(2)スペイン語で「小さい丘」の意味。スペインの伝統である闘牛においては
牛の首の後ろにあるこぶのこと。闘牛士が剣を刺す目印となる。

(3)スペイン系の名字のひとつ。アトレティコ・グラマネというサッカーチームに
モリージョ選手がいる(いた?)らしい。また、アルゼンチンの作曲家アルベルト・ヒナステラに
「ロベルト・ガルシア・モリージョを讃えて」というピアノ曲があるらしい。

讃えてるんだ、モリージョ…。

で、なんのはなしかと申しますと…
[PR]
by capybaraengine | 2008-01-30 18:58 | 千葉カピバラ
真冬の動物園、カピバラたちのようす
f0138828_18472420.jpg
       王子動物園いっぱいに咲き乱れ、華やかに春を呼ぶソメイヨシノも、
       冬は寒々とした姿で厳しさを盛り上げます。

考えれば至極当然ですが、動物園の閑散期は寒さきわまる1-2月、暑さ最高潮の7-9月だそうです。
(王子動物園の場合。極端な気候の場所を除けば、たいがいどこも同じようなものかと。)
特に先週~今週は、日本全国どこに行こうが寒いですよと、どのお天気おじさんもお天気おねえさんも言っていました。

そんな日、動物園は、我らがカピ舎はどうなってるでしょう。

f0138828_18523497.jpg
                     だれもいません。

f0138828_18554160.jpg
                         あっ。


中を覗かない

中を覗く    ▼
[PR]
by capybaraengine | 2008-01-27 18:59 | 神戸カピバラ(王子動物園)
市原のカピバラに会いに行ったよ、元旦に(その4)
f0138828_1327485.jpg
  前回のエントリの続きで、池のおふたり。
  動画も、続きな感じで。ゴハンのあとはナデナデ。
f0138828_13284374.jpg
  そして今回、長いです。かろうじて4分を切っていますが。
  ある意味長いことに意味があったりするのですが。



  ちなみに動画の素材は7分ほどあって、実際に撫でていた時間は
  10分ぐらいかもっと。
f0138828_1334387.jpg
  あんな↑顔をされたら、やめるにやめられずついつい延々と。
  翌日、腕がつったような痛みに悩まされる結果に。

More
[PR]
by capybaraengine | 2008-01-26 14:42 | 千葉カピバラ
市原のカピバラに会いに行ったよ、元旦に(その3)
f0138828_1757152.jpg

  今度はぐぐっと戻って、入り口ゲートすぐ、キリンさんの向かいの池にいた2頭。
  大きなメスとふたまわりほど小さい(若い?)オスのコンビ。
f0138828_17305737.jpg

  今回はいきなり動画~。



  みどころは…

  ・象さんご一同がすぐ真横を通過しているのにまったく動じないカピ。
  ・キャベツをひとりじめするためには鳥さんの攻撃にもまったく動じないカピ。
  ・バナナを食べるときの「ココルルッ」という喜び声。

  そんなところでしょうか。

  市原の動画、4~5本になるので早め早めに出していこうかと。
  早めって言ってもう24日だっていうハナシはナシでよろしく。

More
[PR]
by capybaraengine | 2008-01-24 18:17 | 千葉カピバラ
市原のカピバラに会いに行ったよ、元旦に(その2)
f0138828_1755184.jpg
               どう撮ってもフォトジェニックな丘の上カピハウス。

その1はこちら
すでに元旦を過ぎること3週間ではございますが、正月営業の市原ぞうの国のお話。
初めてなので、普通の日祝の混み具合と比べどうなのかいまひとつわかりませんが、
お正月なのにけっこーいるなあヒト、という印象でした。ちなみに上総牛久駅前からの
無料送迎バスは我々と他1組合わせて4名。

More
[PR]
by capybaraengine | 2008-01-22 18:39 | 千葉カピバラ
ごはんまだかな合唱隊
f0138828_18352596.jpg
  ……とは、閉園時間前、お部屋に入ってゴハンが待ちきれないカピバラたちの
  そわそわキュルキュルガリガリコーラスのことである。

  基本的にゴハン前のそわそわは
  鳴きまくり+ぐるぐる行進+ドアの前でまだかな+ガマンできず立ち上がる
  が一連のセットになっておりますが、今回はそのうち「鳴きまくり」「立ち上がり」を
  つめあわせセットでお届けいたします。
f0138828_195423.jpg


  スピーカーをオフにしている方はぜひオンに。
  (というか声がないと意味のあまりない動画です。)



やや大画面版はこちら。

More
[PR]
by capybaraengine | 2008-01-19 19:12 | 神戸カピバラ(王子動物園)
干支展
あちこちの動物園で新年を迎えて同じようなことをやってると思いますが、
齧歯目特集展示。
王子動物園でも、動物科学資料館内で「干支展」として、
標本やパネルでの展示を行っています。(2月19日まで)

会場にはいるとまっさきに目についたのが…

          だ、だれか入っとる! 
f0138828_22152891.jpg
           「は、剥製!?」とも思いました。


  写真だとすぐにパネルだとわかるんですけどね、実際に見ると
  ドッキリしますよ。で、これはなにかというと…

f0138828_22172730.jpg
               カピバラをもちあげよう!
   王子動物園のカピバラの重さはおとなで30~35kgです。このカピバラ型の
   おもりも35kgです。ゆっくりとロープを下に引っ張って重さを実感してみよう。
   「むりせずそろっとひっぱるんだよ」
   「あぶないから、ぜったいにぶらさがらないでね」
   「『そんなの関係ねえ!』なんて言わずに、約束守ってね」


   カピバラ型のおもり。
f0138828_22204095.jpg


  …カピバラ型っていうか……。

  おもりの前に薄型神戸母カピが!神戸母カピAirが!
  ボサ毛もしっかり切り抜いてあって、丁寧な仕事です。
  いいなあ。終わって不要になったりしたら欲しいなあーこれ。(パネルだけ。)

  以前から神戸母(5歳5ヶ月)はスリムちいさめと思ってましたが、35kgとは。
  春~夏の頃はもうちょっと太くてなんかボサボサガザガサだったんだけど、最近は
  毛並みもキレイだし、子育てが終わった女性がまた若く美しくなるみたいなもん?
  鳴き声も可愛いし干支として年末年始はニュースに出ない日のない人気者だし
  癒し系動物として人気急上昇だし、いうことありませんね!
  さすが世界最大!いよっ、ニクいね、この!

  …もしかして、カピバラをもちあげてるのか?と気づいた人、正解です。



  ええっと…

  ちなみに軽いとはいえ、重いもんは重い。両手で抱えるように持つならまだしも
  紐で引っ張り上げるのはなかなかたいへんでした。

More
[PR]
by capybaraengine | 2008-01-18 22:49 | 神戸カピバラ(王子動物園)
超巨大げっ歯目、あらわる
  推定体重は1トン、ウルグアイで巨大ネズミの化石が発見

  世界最大のネズミと言うことで、現存する世界最大のネズミ・カピバラを紹介し
  発見されたのはその何倍もある…という書き方をした記事を
  あちこちで目にされたことと思います。

  上に揚げた記事には、その推定体重1トンのネズミとカピバラとを並べた
  掲載されているのですが、それがまあ、どうみても、カピバラのイラストを
  拡大コピーペーストしただけ、という(しかもモトの画像の解像度が低かったので
  拡大したら線がギザギザ)というヒドすぎな絵です。
f0138828_19495832.jpg


  等身とか足の長さ太さなどの身体のバランスを保ったまま巨大化するハズもなく
  生物学的な考察を無視し、画像拡大ですませるのはひどすぎると思います。

f0138828_18343771.jpg
  まったくもってヒドいです。どれだけひどいかというと…


f0138828_18345053.jpg
  これぐらいですドーン。


  上のは毎度おなじみ神戸市立王子動物園ですが
  カピバラの聖地((c)カピバラ友の会)・長崎バイオパークだとこんな感じ
f0138828_20124794.jpg
f0138828_18384257.jpg
  ドーン。          


  市原ぞうの国にやってきました。
f0138828_2014247.jpg
  ドーーン。
f0138828_18391526.jpg


  ぞうの国ですから、ぞうのショーにも出演してます。
f0138828_20144154.jpg
  ド……あ、ちょっと大きすぎた。 


f0138828_18392837.jpg
  なぜか不思議と、あまり違和感がない気がしてきました。



f0138828_2234622.jpg
                     意外とアリかも?

More
[PR]
by capybaraengine | 2008-01-17 19:57 | ネタ
1995年1月のカピバラ
f0138828_1712059.jpg
王子動物園の機関誌「はばたき37」1995年(平成7年)7月発行によりますと
95年1月20日、カピバラの赤ちゃんが1頭生まれています。

灘区は震度も高く、被害も甚大な地域だったのですが
奇跡的なことに、園内の施設に大きな損害はありませんでした。
水やガス、飼料(特に特殊なもの)などの供給に苦労したものの(電気は当日に復旧)
水は地下水を利用、夜行性動物がいる「太陽の動物舎」はストーブにて温度を上げ、
コアラのユーカリは栽培業者の協力によって確保。(当時、パンダはまだいません。)
京都市動物園や天王寺動物園の援助も大きな助けとなりました。

そして王子動物園は95年3月23日、再開となりました。

それまでの2ヶ月1週間の間は住民の避難所や
救援活動をする自衛隊の拠点として機能していました。

そんな状況の中でも、生まれた直後から立って歩いて普通に草も食べ
ヒトの手による特殊な養育も必要としないカピバラだったからこそ
無事に元気に育って行けたのでしょう。

そのカピバラの姿はきっと誰かの心を和ませたことでしょう。


(※画像はイメージです。)
[PR]
by capybaraengine | 2008-01-17 05:46 | 神戸カピバラ(王子動物園)
カピバラのあたらしい家具
f0138828_8254977.jpg
  とくしま動物園が予想外に面白くて記事を引っ張ってしまい、
  市原も(1)と銘打ったままずっと中断しております。
  新年一発目の王子も行ったんですよ。
  1ヶ月ぶりに行くとみんな見違えるように大きく…なっているようないないような。

  さて…昨年に消えていた組み木のことをご記憶でしょうか。
  カピたちが潜り込んだり、オスがナワバリのしるしをつけたりみんなで囓ったり。
  いいかげんくたびれてボロボロ、ついに撤去され、ガラーン寒々と、
  「アルハンブラ宮殿の思い出」の流れる(脳内で)光景となっていましたが…
 

f0138828_8315822.jpg
  新調されてました、どーん!

f0138828_8334613.jpg
  しっかりと組み上げられ、崩れないようガッチリ固定されています。
  旧組み木を支え続け、撤去中はカピたちに囓られ放題だった土台の樹は
  現役続行のようです。

f0138828_836246.jpg
  んー、やっぱり新しい木の香りはいいね~と言ってるのだかどうだか。

f0138828_8365887.jpg
  




 
[PR]
by capybaraengine | 2008-01-16 12:12 | 神戸カピバラ(王子動物園)
解析
IT GEAR