タグ:ラクかと思ったら意外と手間がかかった記事 ( 1 ) タグの人気記事
20日~23日の市川カピバラまとめ集+フジツボの日
ひとのふんどしですもうをとる、あるいはオンブにダッコ。

f0138828_212864.jpg
                       オンブにダッコ(イメージ)

5月20日の赤ちゃん公開日から22日のペエー誕生日あたりまでの
市川市動植物園でのカピバラレポートをアップされているページを並べてみました。
ようは自分用ブックマークのためのエントリです。
こうやっておけばいつでもワンクリックでペエー一家が見られるぜ。ふっふふ~♪


「ANIMALTOWN(アニマルタウン)~動物の素顔~」様市川動植物園 5月20日 子カピ登場 
「上野のカピバラ通信」さん 市川の仔カピ公開記念取材第2弾
「お昼寝カピバラ」さん ぺエーくん、はじめまして!そして、お誕生日おめでとう
「カピバラカメラ」さんペエー君3歳の誕生日おめでとう!&赤ちゃんきたきた!
「カピバラ散歩」さんペエー君、3才おめでとう!
「動物の写真」様 カピバラの赤ちゃん 何だろう

巡回先とブログ検索からざっとならべてみました。
最初の「  」がブログタイトルで、リンク先が該当記事です。
並びはブログタイトルのあいうえお順です。
「さん」と「様」があるのは日課の巡回先と今回初めて知りましたところ、ぐらいの違いです。

どこを見ても悶絶するかわいさ、そしてペエーの前肢のことが気になり飼育員さんに聞いてくださった方も多いようでありがたいことです。それにしてもペエー、予想外におとうさんジャナイデスカ!そしてロゼちゃんが頼もしいお母さんで安心して見ていられます。



ところで23日日曜日は大雨強風の中、大阪市立自然史博物館に行って参りました。
自然史博物館、ダーウィン展とかキノコとか骨の展示で、ウチでもネタにしたことがありますね。あとヌートリアの時とか。で、何をしに行ったのかと申しますと…

f0138828_2161377.jpg
「フジツボサロン~あなたをフジツボ漬にする午後」

「フジツボ 魅惑の足まねき」 (「ハダカデバネズミ 女王・兵隊・ふとん係」でおなじみの岩波科学ライブラリー刊)を上梓された倉谷うららさんを中心に、5人のフジツボ専門家・フジツボをメインに研究をされている方々5名による3時間半にわたる熱い講演とトークの会です。
フジツボという、よく知ってるけれど詳しくは知らない、気にはなるけれどどうやって近づいてみたらいいのか少しとまどう生きものを、生態や歴史、ダーウィンとの関わり、外来生物として、環境指標としての見方といった面などから解き明かしてくださいます。いやあ、濃かった。確かにフジツボに漬けられたのみならず、フジツボを研究している人=フジツボ界の濃さにもどっぷり。
ちなみになぜフジツボで大阪市立自然史博物館かというと、館長さんがフジツボの研究(大阪湾におけるフジツボの分布調査)されている縁で開催されることになったとか。イベントタイトル「フジツボ漬け」も館長銘名だそうです。(「私がつけたと思われていますが、私ではありません。」倉谷さん談)

f0138828_2115293.jpg
講演者はこのシマフジツボ帽(ペーパークラフト)をかぶらなければならないというルールがなぜか開始時に成立。ちなみに司会→演者→司会→演者→司会→……と一回一回かぶり直しているのが律儀というかさ何というか、さすがみなさん笑いをわかってらっしゃると言いますか。

f0138828_21165074.jpg
素敵すぎるフェルト製フジツボマイク飾り。カメノテのウロコがニットで再現(緑色の部分)されていて、これはキノコ展のとき変形菌をニットで再現した展示があったのですが、同一犯の仕業ではないかとにらんでおります。

そういえばカピバラサミットの時もカピバラ帽(ペーパークラフト)をかぶっていたような…最近のはやりですか?みんなさかなクン化?

f0138828_2122271.jpg
                        ニット編み変形菌。
[PR]
by capybaraengine | 2010-05-24 16:34 | 千葉カピバラ
解析
IT GEAR